Monthly Archives

2 Articles

文京区の社労士は文化への理解がある!

文京区には様々な社労士がいますが、文化的な理解をしている人はごく一部になります。
社労士の仕事は非常に大変ですが、そこに就任するのはそれほど難しくなりません。
単に事務所を開けばよいだけだからです。
資格を取るのは最難関とはいえないものの中くらいの難しさといえるでしょう。
つまり、合格率はそれほど低くないですが、さすがに運転免許証をなどと比べるとはるかに難しいです。
行政書士より若干難しいかどうかといったレベルになるでしょう。

事務所の内装が素晴らしい

文京区では、様々な社労士がいますので競争が起こっているのは今でもありません。
競争が起こるとどのようになるかといえば、お客さんの奪い合いが発生します。
もちろん露骨な奪い合いなどはしませんが、お客さんがどこを選ぶかでその社労士の収入が決まってきます。
そうすると、人気のある所と人気のないところで別れてきますので人気のあるところはますます繁昌し人気のないところは閑古鳥が鳴いている状態になるでしょう。
資格を持って事務所を開く人が増えれば、競争になるといったことは民主主義である以上仕方がない部分になります。
ではその中で生きていくとしたらどうすればいいかといえば、やはりなんらかの特徴をもつしかありません。
例えば、文化的な雰囲気のある事務所にすることでお客さんを魅了することができるでしょう。
文化的な雰囲気にするためには、単に事務所を変えただけではなくそれを宣伝しなければ仕方がありません。
最初から口コミを狙うならば、事務所の雰囲気を変えただけであとは口コミによってひろまるのを待てばよいです。

文化に触れることが仕事に繋がることもある

文化的な事務所にすることで、様々なメリットがありますがその一つは文化に触れることが仕事につながることもあります。
例えば、歴史的なものでみると文京区には様々な神社などがあります。
神社と知り合いになればそこから口コミが発生し多くのお客さんを取り込むことが可能になるでしょう。
いつの間にか、ほかの社労士の事務所に比べると華やかな雰囲気になっており非常に個性的な状態になります。
そうすると、一生を金に困ることはありません。
ただし忘れてはならないのは、社労士としての仕事内容になります。
あくまで仕事に誠実でお客さんに対して満足させるだけの仕事をしなければなりません。
中には形だけ整えて仕事の中身自体が大したことがない人もいます。
そのような人は、一時的には話題になっても途中で消えていく運命になると考えられます。
いずれにしても、見た目の特徴と仕事の中身が伴って初めてほかの事務所よりもすぐれたものになると言うわけです。

新宿の文化的な整体で肩こりも治り心も満たされた

新宿といえば、日本で一番お客さんが乗り降りするステーションがある場所になります。
当然そこにお道を構える場合には、家賃も高くなるのは間違いのないところです。
かといって新宿で土地を買うわけにもいかず、駅前に店を構えるのは厳しいといっても過言ではありません。
ですが、整体の店を出す場合には何も駅前でなくてもよいわけです。
例えば地元密着型のお店などはわざわざ駅前に店を開かなくてもよい結果を生み出す可能性が高いです。

内装がとにかく素敵

文化的な整体の店があれば心だけでなく肩こりまでほぐれてしまう傾向があります。
とりあえず、ほかの場所との違いを出す必要がありますが、なぜそのようなことをしなければいけないかといえば普通の場所だとまずお客さんが入ってこないからです。
基本的に、どのようなお店であっても、ただ単に開いただけではお客様が来るような時代は終わりました。
これからの時代に必要なことは、ほかにはない個性を持っていることになります。
もしその個性を発揮できないとすれば値段を安くするしか方法はありません。
値段を安くすればとりあえず多くのお客さんが訪れることは間違いのないところですが、もちろんそのためには実にスピーディーな対応が必要になります。
室内が込み合う可能性がありますのでし、迅速に作業をすることが必要になるでしょう。
一人のお客さんにあまり時間をかけるのは妥当ではなく、どちらかといえば高級レストランのイメージよりもラーメン屋さんのイメージのような感じです。
無駄にお客さんに座ってもらったり寝てもらうのではなく、時間が終わったらすぐに出て行ってもらわないといけないことになります。

心が浄化される感覚がありました

ですが、整体の値段はそれほどされなくても特徴を持たせた文化的な店があるとすればそこには多くのお客さんが訪れる可能性があります
ほかにはない個性を出すことで、客さんが訪問するとすればまず個性を探す必要がありますがこれが一苦労です。
基本的には自分たちで見つけ出すべきでしょう。
しかしながら自分たちでなかなか個性を見つけ出すのは難しい場合には、コンサルタントなどに相談をしてより良いものを作ってもらう必要があります。
例えば、西洋風の店にして室内に入った瞬間お客様が喜ぶような感じのものが必要になるでしょう。
もちろんそのためには様々な工夫が必要なだけでなく多くの事例を見ていかなければなりません。
このようにすることで、結果を出すことはできるかもしれませんが、とにかくお客さんにはリピーターになってもらうことが大事です。
リピーターになるために必要なことは、そこに来る人を感動させるための何かをすることが必要です。